気にしてないと怖いPM2.5の事

中国に早く大気汚染をやめさせれば

【 2014/06/18 】

中国の大気汚染は深刻なレベルにあります。連日中国からのPM2.5のニュースが取りダタされていますが、共産党政府が何らかの対策を講じた、というようなニュースは全くと言ってよいほど聞こえてこないのです。それどころか強欲な政府はPM2.5を口実として海外から投資や援助を引き出そうとしており、一種のプロパガンダ的な報道がなされていてうんざりしてしまいます。このような状況を改善するために、政府は中国政府に対して働きかける必要がありますがそのような様子は一ミリたりとも見せていません。それどころか、日本の技術を提供して汚染対策をするなどという馬鹿げた姿勢を見せているのです。すでに我が国を抜いて世界第二位の経済大国になった国なので、そろそろ発展途上国ブルノをやめて本腰を入れて環境対策に取り組むべき時期が来ています。同じことは超大国である印度にも言えることで、環境度外視の開発は自重すべき時に来ているのです。

ブックマークサイト

一人暮らしHowTo