気にしてないと怖いPM2.5の事

大気汚染の怖さ

基準値ってあてになるの

【 2014/06/18 】

PM2.5という言葉を知らない人は少ないのではないでしょうか。しかしPM2.5とはどんなものであるのかまで知っている人は少ないと思います。空気中には様々な大きさの粒子状物質が浮遊していますが、その空気動力学的粒径が50%カットされる分粒装置によって分離された粒子のことを指しています。日本ではPMという環境基準を制定しておりますが、これは空気動力学特性が10㎛以下についての基準値です。人が普通に鼻で呼吸をしたときに10㎛以上の粒子は鼻腔内で止まり、それより先の気管や肺までは到達しないことからできた基準で100㎍/㎥以下であれば健康への影響はないと考えられていました。しかしハーバード大学が出した6都市調査という論文は衝撃的な結果を示し、環境の大きく異なる米国の6都市においてPM2.5と死亡数との関連性で10数㎍/㎥をから100㎍/㎥の間良好な相関性が確認されたことです。これは専門家が持っていた常識を覆すものでした。本題の基準値って当てになるのですが、この設定根拠はこの論文をベースにしており、WHOと日本の基準値は異なっています。また成分、粒子数の方が指標として良のではという指摘もあります。PM2.5は本来は24時間の平均濃度がベースなのですが日本ではⅠ時間値を要求しており、これに対応した測定法には多くの改良が必要で測定精度はあまり良くありません。もっと科学的根拠の究明が必要です。

被害がどんどん出てると

【 2014/06/18 】

中国からのPM2.5の被害は予想をはるかに上回る勢いで損害が出ています。やたらと北京の状況が報道されますが、憂慮すべきは国内の状況です。中国の環境破壊や環境汚染については、中国政府が環境保護のコストを顧みずに開発を進めた結果おこったものであって、外国企業には全く責任がありません。ましてや現在深刻な問題となっており、周辺諸国に郊外をまき散らしているようなPM2.5などという大気汚染は、中国政府が率先して何らかの対策を講じるべき問題であります。印度のような新興国にも言えることではありますが、開発のために環境対策は二の次になっており、国民のみならず周辺諸国に対して深刻な環境汚染をまき散らしている状況であります。環境対策については国際的な協力のもとに取り組む必要もありますが、まずはその国が環境対策を講じる姿勢を見せなければなりません。中国については報道というプロパガンダばかりで、自国政府は何も対策をしていません。

中国に早く大気汚染をやめさせれば

【 2014/06/18 】

中国の大気汚染は深刻なレベルにあります。連日中国からのPM2.5のニュースが取りダタされていますが、共産党政府が何らかの対策を講じた、というようなニュースは全くと言ってよいほど聞こえてこないのです。それどころか強欲な政府はPM2.5を口実として海外から投資や援助を引き出そうとしており、一種のプロパガンダ的な報道がなされていてうんざりしてしまいます。このような状況を改善するために、政府は中国政府に対して働きかける必要がありますがそのような様子は一ミリたりとも見せていません。それどころか、日本の技術を提供して汚染対策をするなどという馬鹿げた姿勢を見せているのです。すでに我が国を抜いて世界第二位の経済大国になった国なので、そろそろ発展途上国ブルノをやめて本腰を入れて環境対策に取り組むべき時期が来ています。同じことは超大国である印度にも言えることで、環境度外視の開発は自重すべき時に来ているのです。